[伝承のたまてばこ]本町 山車

本町_アイキャッチ2

八王子初の三層鉾台形式

現在の山車は昭和6年(1931年)頃に建造されたものと伝えられており、八王子では初めての三層鉾台形式(さんそうほこだいけいしき)の山車として異彩を放っています。大工棟梁は小澤美之吉と小澤平次、彫刻は池田信之(江東区)、車大工は八幡町棒兼(ぼうかね)です。池田信之は東京葛飾柴又帝釈天の彫刻で有名な金子三清の次男で、八王子の山車彫刻としては唯一の作品です。
本町_本文1
建造後に囃子台前柱の“龍”や楽屋仕切りの花頭口の彫刻などを付設し、昭和57年(1982年)に八王子大工八田直吉、漆工事高城昌夫、蒔絵師瀬川清宣ら(横浜)により、屋根の補修や漆塗装、囃子台天井の新設など大改修を行いました。
本町_高張提灯
本町の山車には浦島太郎の人形が乗っています。もともと山車は、お祭りで「神輿の警護」と「賑やかし、人集め」の役割を担っていました。特に「賑やかし、人集め」の役割は強く、山車は人の目を引く工夫がたくさん施されています。人形も例外ではなく、有名な神様や伝説上の人物、歴史上の英雄など様々なものをモチーフにしつつ、当時の民衆の間で流行っているものが乗せられました。
本町山車_集合写真
本町山車_夜間人形

ピックアップ記事

Please select pickup post from post edit page.

おすすめ記事

There is no registered post.

Return Top